ホーム>インフォメーション
COLORS
COLORS

インフォメーション

☆★BE-KUWA No.77発売!!★☆

2020108181717.jpg

ビークワ77号は毎年恒例の飼育レコード コンテストの発表号。昨年に引き続き、今年の飼育レコードも驚きの個体がひしめいています。とくに昨年更新されたばかりの日本産オオクワガタとパラワンヒラタが、たったの1年でさらに上回る個体が出てくるとは……言葉が出ないとしか言いようがありません。どちらも未知のサイズに突入している種ですが、いつまでも終わりが見えないのはいったいどうなっているのか?!  他にもタカサゴノコギリ、ヒラタ、アマミマルバネ、ミクラミヤマあたりは、もうどうしようかとため息が出る逸品ですね。クラーツとかボーリンとかも……あー、挙げたらキリがありません。
 飼育記事は、今回の飼育レコードホルダーによる飼育記事が2本、他に特大タランドゥスやアマミシカの飼育法など、なかなかバラエティにとんだ内容です。これから飼育レコードを狙う人たちの参考になること間違いなし。
 国内の採集記は南西諸島を北から南まで縦断した大学生の苦労話。時間と体力がある採集者はやはり強い! 海外の採集記はエクアドル採集記(中編)で、いよいよ本格的にヘラクレスが登場します。
 大好評の3大大型血統共同研究室は今回が最終回! つまり結果発表です。はたして、誰が飼育したどの血統が何㎜に育ったのでしょうか。そして皆さんの予想は当たっているのか?! 
 その他の好評連載陣も飼育の参考になるものばかり。これから冬を迎えますが、飼育も採集もやることいっぱい。ぜひビークワ77号を参考に充実した日々を送っていただければと思います。

☆★BE-KUWA No.76発売!!★☆

202077204621.jpg

ビークワ76号は『世界のヒラタクワガタ大特集‼』です。前回の特集はさかのぼること12年前、2008年のビークワ28号でした。当時はまだライヒヒラタやティティウスヒラタの分類に手を付けられる前で、28号で解説を執筆した永井信二氏も、ライヒヒラタについては「ヒマラヤ南部からミャンマー北部にかけて、少なくとも2種、ひょっとすると3種が混生している可能性がある」と記述していたのですが、今回調べたところ、ミャンマー北部だけでティティウス-ライヒヒラタ系がなんと10種以上混生していることが判明しました。もちろんヒマラヤ周辺、インドシナ、中国にも未記載種がウヨウヨいるのは確実で、調べれば調べるほど新種が出てきそうな怖ろしいエリアです。巻頭の大図鑑ではそれらにメスを入れまくり、多くの未記載種およびその交尾器を紹介しています。28号当時に紹介したヒラタクワガタは30種でしたが、今回は倍以上の76種‼(亜種除く) どれだけ増えたのかよくわかりますよね。
 巻頭特集に付随する飼育記事は、今期、パラワンヒラタの飼育レコードを申請された方のオオヒラタ飼育法と、レコードホルダーによるマイナーヒラタの飼育法2編の計3本。これでヒラタ関係の飼育法はバッチリ!
 採集記はタイ王国での10年に渡る採集内容をダイジョストで送る『タイ王国に浪漫を求めて』と、南米エクアドルへヘラクレスを探しに行った『虫のためなら、どこへでも エクアドル採集記 前編』の2編。どちらも「やはり日本とは違うな……」と感じさせてくれるロマンあふれる内容。
 そして今回は異色の飼育記が2本! ひとつは飼育が難しいとされているアオカナブンの飼育記で、長年に渡ってアオカナブンの飼育にチャレンジしてきた筆者の想いが詰まった飼育方法は、アオカナブンだけでなくすべてのハナムグリ飼育のヒントが散らばっています。ふたつめは、これまた珍しいヤマトタマムシの飼育法! タマムシといえば虫の素人でも知っている美麗昆虫ですが、産卵させて成虫まで飼育しようという人は少ないでしょう。今回は意外とそれほど難しくない、タマムシの成虫・幼虫飼育法を皆様に伝授いたします。
 『ゼロからはじめる巨大オオクワガタの育て方 上級編』をはじめ、各連載も絶好調! 夏の昆虫ハイシーズンに、これ以上にない情報量でお届けするビークワ76号! 自粛でたまったストレスも弾け飛ぶこと間違いなし!

☆★BE-KUWA No.75発売!!★☆

202041112399.jpg

ビークワ75号は『世界のミヤマクワガタ大特集!! 2020』です。2007年の23号で『世界のミヤマクワガタ大特集!!』をやってから13年……。その間、世界のクワガタムシ大図鑑や中国の図鑑などで多数の新種・新亜種の記載や分類整理が進み、これまで調査不十分だったインド北東部アルナーチャル・プラデーシュ州やチベットから膨大な新情報が流れ込んだため、一度抜本的に大整理をしないとなにがなんだかわからないカオスな状態でした。今回の巻頭大図鑑ではアメリカ、ヨーロッパ、アジアにかけて分布するミヤマクワガタ属とゲンシミヤマクワガタ属を、有効な記載&新種と思われる未記載種まで含めて計135種+26亜種を一挙紹介! これは23号で紹介した79種+22亜種の約1.6倍の数となります。現時点で世界のミヤマクワガタをここまで網羅した書籍は世界にありません。
 特集に合わせた採集記は、『標本商に入社した女性によるベトナム出張記』です。「読んでいるだけで倒れそう……」と恐怖すら覚える内容で、テンポ良く一気に読ませる文章センスは一見の価値あり。飼育記の方は世界のミヤマクワガタの基礎的な飼育方法から4つの難易度に分けての紹介など、写真も豊富で親切な内容となっています。
 前号からの新連載『虫のためなら、どこへでも!』は、今回ジャワ・スマトラへの旅。野外のコーカサスオオカブト、ギラファノコギリ、ダイオウヒラタ、アルキデスヒラタなどが登場します。また、大好評企画『能勢・川西・久留米 3大大型血統共同研究室! 第二弾』の派生として、今回は5000頭以上の個体を元に『オオクワガタの♂♀性比』を調べてみました。驚愕の?調査結果をぜひ見ていただきたい!
 その他にも毎年恒例の『ゼロからはじめる巨大オオクワガタの育て方』をはじめ、『オオクワガタの樹液採集記』や『コルリクワガタの新芽採集記』など、シーズンインにふさわしい充実した内容です。
 巻頭特集だけでも値段以上の価値があるビークワ75号! これがなければ今後のミヤマクワガタは語れません!!

☆★BE-KUWA No.74発売!!★☆

2020116174032.jpg

ビークワ74号は、ビークワ誌上では初登場となるゴホンツノカブトのグループを特集しました。世界のクワガタ・カブトを取り扱った図鑑ならば、かならずと言っていいほど掲載されている超有名種にもかかわらず、何種類いるのか知らない人も多いのではないでしょうか。それどころか、「ゴホンツノカブトって他にも種類いるの?」と思っている人もいそうです。本特集ではゴホンツノカブト属と、その近縁属であるユミツノカブト属、サンボンツノカブト属も全種を掲載! おそらく世界で唯一?のゴホンツノカブト大図鑑です。巻頭解説以外にも、雲南省でのゴホンツノ採集の様子や、バンブーマット作成などの特殊技術も紹介する飼育方法など、ゴホンツノ関係の知識はこれ1冊ですべてまかなえます!
 採集記も今回は4本をお届け! 海外採集はエラフスホソアカを求めてスマトラのジャングルへ! 日本国内ではまず聞かない特殊な採集テクニックを、美しくもダイナミックな写真とともにご紹介します。国内採集は九州採集記とオオクワガタ採集記2本を収録しました! 誰もが採集に行きたくなる魅力に満ちた採集記です。
 オオクワガタ関連では「3大大型血統共同研究室! 第二弾」の第1回エサ交換時体重発表。親が同じ幼虫を違う環境で飼うと、どれだけの差が出るのか非常に興味深い研究ですね。また、ワイドカウ氏の好評連載「オオクワブレーク」ではワイドカウ氏のエサ交換スケジュールが出ています。これはオオクワフリークにはスゴく参考になるのではないでしょうか。
 そして前号で発表した飼育レコード審査の状況をお伝えする「審査の裏側(一部)見せます!」の内容も、これからの飼育のヒントになること請け合い! 一部に熱狂的なファン?がいるチビレコード&♀レコードは、今回もなかなかのツブ揃いです。
 一年でもっとも寒い時期ですが、ビークワで気分だけでも常夏でいきましょう!

年末年始のお知らせ!!

201912259444.jpg

2019年クリスマスセール!!

2019122019174.jpg

☆2019年COLORS忘年会!!☆

20191215122056.jpg 20191215122141.jpg
2019121512228.jpg 20191215122242.jpg

今年は爬虫類ショップCOLORSと昆虫ショップCOLORSと合同忘年会!!名古屋からの参加もあり、大変にぎわいました。焼肉食べ放題&飲み放題なので・・・十分お腹も満たして貰えたかと。今年参加出来なかった方も是非来年はご参加くださいね!!

INSECT DISCOVERY 2019 in 南港ATC秋イベントレポート!!

2019114121210.jpg 2019114121249.jpg
2019114121318.jpg 2019114121350.jpg
2019114121445.jpg 201911412181.jpg

11月ですが盛夏なみのご来場に驚いておりますsign03開場前の列は約500名ほに・・・sweat01急遽、待機場所に別会場をお借りすることになりましたhappy02、11月のイベントとしては最高の2000人越えに・・・good年々来場者様に出店業者様も増え、大変うれしく思います。恒例の抽選会も熱気ムンムンlovely沢山の子供たちの笑顔を見ることが出来とても充実した1日となりました。次回は、来年4月を予定しております。又、応援宜しくお願い致します。ご来場の皆様、出品業者様、協賛業者様本当にありがとうございました。

 

☆★BE-KUWA No.73発売!!★☆

2019108204241.jpg

ビークワ73号は毎年恒例の飼育レコード発表号! 若干寂しさのあった昨年の発表号に比べ、今期はけっこう豊漁です。いったいどこまで大きくなるのか予想がつかない日本産オオクワガタをはじめ、パラワンヒラタ、フィリピンヒラタなどが更新! さらに極めつけは台湾から参戦したレギウスオオツヤ‼ これが本当にスゴい‼ いまここでサイズを言えないのが残念でなりません。続きは本誌でご確認ください。飼育レコードに絡んでの飼育記も複数ご用意しました。
 飼育関連と対をなす採集記の方は、八丈島、奄美大島(表・裏)、オオクワ、ヒメオオクワと多種多様で充実した国内採集記を揃えました。そして海外採集記である『中国ハナムグリ採集記』がとてつもなくすさまじい内容。記載以来記録がなさそうな種とか新種とかを次々に採集する様は、けっこう淡々と書いているけどスゴい苦労をしてそうだなと採集家の方なら肌で感じるはずです。これは皆さんにぜひ読んでいただきたい、日本国内では味わえないだろう採集記です。
 そして、この夏、世間をにぎわした?『キングカブトムシ』。この字面だけでは意味がわからないと思いますが、写真の一枚でも見ていただければ、なにを言いたいのか理解できるかと思います。このカブトムシは、社内で見た人間すべてが「これはスゴいね」と思わず声を漏らす逸品。ちなみに、カテゴリーとしては日本産カブトムシです。
 飼育もしたくなる、採集もしたくなる、そんな欲求を掘り起こしてくれる一冊となったビークワ73号で、秋から冬も虫三昧を楽しんでください。

INSECT DICOVERY 2019 in ドリーム21イベントレポート!!

201982619625.jpg 201982619651.jpg
201982619717.jpg 201982619819.jpg
201982619844.jpg 20198261995.jpg

1年ぶりのドリーム21・・・。今回も暑い中、たくさんの方に並んで頂きました!!地元と言う事もありあり、いつも店舗に来て頂いている家族連れのお客様にもたくさんご来場いただきました。惜しくも、2000人越えには成りませんでしたが、たくさんの方にご来場頂き、一時は入場制限もかけさせて頂きました。年々来場者様も増え、大変うれしく思います。沢山の子供たちの笑顔を見ることが出来とても充実した1日となりました。次回は、11月のATC・ITMホールになります。又、応援宜しくお願い致します。ご来場の皆様、出品業者様、協賛業者様本当にありがとうございました。

 

COLORSポイント

送料無料

夏は保冷剤、冬はカイロ 梱包手数料 無料!!

夏期、冬期はできるだけ 早めに商品をお受け取りください。 時間指定もOK!!

お急ぎの方は在庫があれ ば、15時までにお電話にて ご注文いただければ 当日発送OK!!

禁外来昆虫の放虫

COLORSからのお願い

世界のクワガタムシ大図鑑

世界のカブトムシ

 

書籍の取扱い、しております

アンバランス

COLORS MOVIE一覧

RapidSSL

  • LINE@
  • Facebook
  • ツイッター
loading...
アクセスマップ